前回ブログに引き続き『自己愛とエゴイズム』から2つ抜き出し。

 



 『自己愛とエゴイズム』

ハビエル・ガラルダ
1989年6月20日初版


“現代はいわゆる「多様の時代」と同時に、「マスコミの時代」とされているだけあって、世界の至るところのさまざまな意見がいながらにして目と耳に間断なく入ってくる。

そこで、そのたくさんの意見の中から自分の味方になる説だけを選んで、都合の悪い考え方を無視するならば、なるほど隠れた我儘を肯定するのは非常に簡単な仕事になる。

本人も奥深い所ではいまだに「いけない」とわかってはいるけれども、自分に都合よく集めた意見の雑音で、良心の声を抑圧しているわけである。

自身の我儘と、上手に選んだ諸説という「砂」の下に良心のインスピレーションは葬られてしまったのである”

 

”Rバーニー先生の小さな祈りとは次のようなものである。

 

「仕方のないことに対しては落ち着きを。何とかなることに対しては勇気を。その二つを見分けることに対しては勇気を」

 

勇気のない人はたいてい状況を判断するの鈍感になり、とかく現状を維持しがちなものである。

 

落ち着きと勇気から生まれる知恵によって良心の導きがわかるような心のよい雰囲気が作られる。”



Yamandara




Twiiter

Facebook

Instagram



◆クローズドでしか伝えられない情報はメールマガジンで発信しています。

フィジカル・メンタル・ソーシャル・アート・ビジネス・旅にフォーカスしたKackey@dabigtreeの無料メールマガジンの登録はコチラから!

 

◆西アフリカの太鼓・ジャンベを叩いて歌うシンガーソングライターKackey@dabigtree公式ホームページ

Kackey@dabigtree Official Site 『そこがOASIS』

 

◆Kackey@dabigtreeの公式Facebookページ

Kackey@dabigtree Facebook Page

 

◆家具・インテリア・観葉植物による空間コーディネート

anteriors furniture(アンテリアス・ファニチャー)

 

◆小規模ホームページ作ってます!

大阪市内、北摂地域にあるサロン、美容室、歯医者、カフェ、バー、など10名以下の商店、会社、団体様、または個人様向け

大阪・千里のホームページ制作屋『太陽の塔が地元』