・自分がどう伝えたか、ではなく相手がどう受け止めたかに重きを置く。

・相手を変えるのではなく、自分を変える。

インプットとアウトプットのやりかたが、自分とは違うタイプの人に対して”自分より劣っている”と感じやすいことに注意する。

『~脳と言葉を上手に使う~ NLPの教科書』 前田忠志

”優位表像システムが同じ人同士では、スムーズなコミュニケーションになりやすくなります。

視覚優位の人同士であれば、お互い早口で、話が飛ぶのも気になりません。

聴覚優位の人同士であれば、お互い
理論立てて話をすることが気になりません。

体感覚優位の人同士であれば、お互いゆっくり話しをするのが気になりません。


一方、優位表像システムが違う人同士で話をすると、コミュニケーション・ギャップが起こりやすくなります。


優位表像システムの違いは単なる違いにすぎず、優劣ではありません。
しかし優位表像システムの違う人のことを劣っていると感じやすいので、注意が必要です。

優位表像システムが自分とは異なることもある、と知ったうえで、相手の優位表像システムの特徴に合わせたコミュニケーションをとると、より豊かな人間関係を築きやすくなります。”


Djembe&vocal
Kackey@dabigtree

Yamandara



[大阪・千里のちいさいホームページ制作屋さん『太陽の塔が地元』]

大阪市内、北摂エリアにあるサロン、美容室、歯医者、カフェ、バー、など10名以下の商店、会社、団体様、または個人様向けのサイトを制作いたします☆