昨夜は天雅二胡の裕子先生のご縁で、鹿児島在住の笛吹アーティスト・藤崎 祐至(ふじさき ゆうじ)君を紹介してもらいました。

急遽裕子先生から「Kackey@dabigtreeに興味を持った友人のアーティストが鹿児島から大阪に出てきているので、この三日間で空いてる日はないですか!?」と連絡をいただいたのですが、こういうご縁は最大限大切にしたいのでお会いさせてもらうことにしました。

せっかくなので沖縄三線の加納兄弟とみも誘い大阪道頓堀にある徳之島料理屋”おぼらだれん“へ。

ここは加納兄弟をはじめ、いろんな日本の南の島に所縁のあるアーティストがライブをしています。

たまたま”くでけん”さんがライブをしていました。

入るやいなやステージ上のくでけんさんと目が合い、ジョイントライブ。

とても久しぶり、でも合うんです。

7,8年前は大阪本町にあった美ら風南風(ちゅらかじふぇ〜かじ)というお店で年に4,5回”泡盛コブラ“というイベントを加納兄弟と開いていたのですが、くでけんさんも良く出演してもらいました。

泡盛コブラについては、”泡盛コブラ’で検索してもらうといろいろ楽しげな画像が出てきます。

くでけんさんは僕が西アフリカの太鼓ジャンベを叩いて歌うスタイルになってから(元々バンドのボーカルやゴスペルなど、歌だけのスタイルでした)すぐに出会った人で、この人から沖縄関係の人道頓堀繋がりが広がりました。

くでけんさんは沖縄本島にある久手堅村出身です。

はじめましてとお久しぶりな素敵な大阪ミナミの夜になりました。

藤崎 祐至君はアイリッシュ音楽を中心に活動しています。

アイリッシュ音楽、とても好きです。

日本人の民謡とどこか通じるものを感じます。

彼はいろんなジャンルの音楽に挑戦しているので、大阪か鹿児島あたりでまた一緒に音を交えるかもしれません。

裕子さん、くでけんさん、ゆうじ君、そして音楽の神さまたち、ありがとうでした。

20160505-222915.jpg

20160505-222925.jpg

20160505-222932.jpg