大阪大学の留学生を受け入れるホームビジット型のホストファミリープログラムに今年の10月から参加。 

 

アサインされた我が家の留学生はグゥエン君。

 

 

ベトナム人の両親を持つドイツ人だ。

 

 

彼のお父さんはベトナム戦争時、地雷で両足を失った。

 

 

ベトナム人を当時受け入れていたドイツへ単身渡り、電車のエンジン技師として生計をたて始めた。

 

 

ベトナムに帰っていた折、知人からベトナム人の女性を紹介され結婚。

 

 

ドイツで家族を養い三人の子どもを育てた。

 

 

両足の義足にかかるお金は全て国から補助されている。

 

 

どれほどの苦労をしたのだろう。

 

 

両足を失っても、異国で立ち、家族を養い、こうして息子の一人を日本へ留学させている。
 

 

「君のお父さんは今でも、アメリカ人が嫌いか?」

という問いに、

 

 

「う〜ん、多分今は大丈夫かな。

 

おじいさんの世代は、昔の日本人は嫌いかもしれない。昔のサムライに殺されたりしたから。」

と返ってきた。

 

 

 

ベトナム-ドイツ 社会主義

 

ベトナム-日本 占領時

 

 

また脳内で世界地図のキーワードが増えた。

 

 

今度は何処へグゥエン君を連れて行こう。
  

 

===============
フィジカル、メンタル、ソーシャル、アート、旅、ビジネス活動から得たフィードバックする

Kackey@dabigtreeメールマガジン

登録はこちらから→http://kackey.info/mg