六年ぶりに座間味島に来た。

初めてきたのは小学生の時。

那覇の泊港から座間味へ行くには高速船のクイーンざまみとフェリーざまみがある。

高速船は乗り物酔いする人はお勧めしない。

かなり揺れるからだ。

乗り物酔いする人はフェリーざまみにしよう。

那覇泊港から座間味まで二時間かかるが、船体は大きくゆったり乗れる。料金もクイーンざまみより安い。

高速船は早めに寝ることをオススメする。





座間味ではSUPの大会があった。

15kmのコース。

古座間味ビーチからも選手たちが見えた。
なかなか信じられない距離を行くもんだ。



SUP出場者、関係者で欧米からの旅行客が多い。

隣の部屋はスペイン人の二人組だった。

滞在した宿”いよん家”は共有スペースが開けていて、ここで同行したメンバーや他の旅人たちと交流できる。



一部屋6000円。

二人でシェアすれば3000円。

7:30に一階のナナマルというお店で朝ご飯。
9:00にチェックアウトして荷物は預けて古座間味ビーチへ向かった。

歩いてかなり急勾配の坂を上れば15分くらいで着くが、港まで3分ほど歩いてバスを使った。

片道300。
天候は曇ったり雨だったり。

山たちは生き生きとし、古座間味の海は相変わらず素晴らしかった。

陸にいると寒かったがだいたい水中にいたので問題なし。





さんざんフィンダイブ(ビーチで1日千円でレンタルできる)や素潜りを楽しんで14:30にいよん家へ戻りシャワーを使わせてもらった。

今回もやはり規定良かった。

ありがとう座間味!

Yamandara




Twiiter

Facebook

Instagram



◆クローズドでしか伝えられない情報はメールマガジンで発信しています。

フィジカル・メンタル・ソーシャル・アート・ビジネス・旅にフォーカスしたKackey@dabigtreeの無料メールマガジンの登録はコチラから!

 

◆西アフリカの太鼓・ジャンベを叩いて歌うシンガーソングライターKackey@dabigtree公式ホームページ

Kackey@dabigtree Official Site 『そこがOASIS』

 

◆Kackey@dabigtreeの公式Facebookページ

Kackey@dabigtree Facebook Page

 

◆家具・インテリア・観葉植物による空間コーディネート

anteriors furniture(アンテリアス・ファニチャー)

 

◆小規模ホームページ作ってます!

大阪市内、北摂地域にあるサロン、美容室、歯医者、カフェ、バー、など10名以下の商店、会社、団体様、または個人様向け

大阪・千里のホームページ制作屋『太陽の塔が地元』