妖怪ウォッチ。
一回も観たことがないが、”日常にあふれる困ったことは、すべて妖怪の仕業”というストーリーは秀逸。

何か問題が起きた時、あなたは自己と問題を同一視してしまう。

何者も、何事も、あなたを傷つけることはできない。

あなたを傷つけることができるのは、あなた自身。

その事象を困ったことだとあなたが感じれば困ったことに”なる”し、楽しいことだと感じれば楽しいことに”なる”し、なんでもないことだと感じればなんでもないことに”なる”。

まず「”私”は困っている。」と気づいてみよう。
そして「”それ”は困っている。」と主語を変換してみよう。

「あの人が、あの人たちが、あれが、私を困らせている。」と思ったら「”妖怪”が”それ”を困らせている。」と変換してみよう。

“あなたとその事象は別個のもの”と考えてみる。

最後にジャック・スパロウの言葉を置いておきます。

“The problem is not the problem. The problem is your attitude about the problem. Do you understand?”

「その問題が問題なんやなくて、ユーの態度が問題やねん。コレ分かる?」


Djembe&vocal
Kackey@dabigtree

Yamandara



[大阪・千里のちいさいホームページ制作屋さん『太陽の塔が地元』]

大阪市内、北摂エリアにあるサロン、美容室、歯医者、カフェ、バー、など10名以下の商店、会社、団体様、または個人様向けのサイトを制作いたします☆