常に内省し、

心があやまりを認めたなら「ごめんさい。」と伝よう。

『自己愛とエゴイズム』から、ある新聞記事 (「How to win friends and influence people」1936年 ニューヨーク) を紹介します。

 



 

『お父さんがよく忘れること』

 

眠る坊やのそばに立って、お父さんが静かに呟いている。

 

「ごめんなさい。

今朝の朝御飯の時にも、日課のように私は『バターのつけすぎ。また牛乳をこぼした。行儀が悪い』と叱ったね。

 

それから私が会社に出掛けた時、君はバス停まで見送りにきてくれたが、『いってらっしゃい』と手を振りながら元気よく言ってくれる君に、『姿勢が悪い。肩をきちんとしなさい!』と私は怒った。

 

そして、友達と遊んでいた君が会社から帰ってきた私を見て、走り出してきて、『お父さん、勝ったよ!』と喜んで報告してくれた時、『君、また靴下を破ったね。靴下はただじゃないよ』と私はまた説教した。

 

それから、夕食後、私が書斎で夕刊を読んでいたところ、軽くドアをノックしてくれた君に向かって、『何を、今、まったく』と面倒臭げにまた文句を言いはじめた。

 

その時君はいったん戸惑ってから、照れくさそうに走り出してきて、首を抱きしめてくれて、『お父さん、お休みなさい』と眠い微笑みでキスしてくれた。

 

その瞬間に心が急に痛くなった。

 

新聞が手から落ちて、真正面の壁を長く見つめながら、自分は悪いお父さんだったとやっとわかったのだ。

 

だから謝りにきた。

 

ごめんなさい。

 

実は私が正しかったと今も思っているが、私は一番大切なことを忘れていたのだ。

 

君がまだ子供であることがわかるための私の心の温かみが足りなかったのだ。

 

だからこれからもびしびし叱るけれども、もっと一緒にいる、一緒に遊ぶ、一緒に笑う。

 

ごめんね」

 

father_son




Yamandara




Twiiter

Facebook

Instagram



◆クローズドでしか伝えられない情報はメールマガジンで発信しています。

フィジカル・メンタル・ソーシャル・アート・ビジネス・旅にフォーカスしたKackey@dabigtreeの無料メールマガジンの登録はコチラから!

 

◆西アフリカの太鼓・ジャンベを叩いて歌うシンガーソングライターKackey@dabigtree公式ホームページ

Kackey@dabigtree Official Site 『そこがOASIS』

 

◆Kackey@dabigtreeの公式Facebookページ

Kackey@dabigtree Facebook Page

 

◆家具・インテリア・観葉植物による空間コーディネート

anteriors furniture(アンテリアス・ファニチャー)

 

◆小規模ホームページ作ってます!

大阪市内、北摂地域にあるサロン、美容室、歯医者、カフェ、バー、など10名以下の商店、会社、団体様、または個人様向け

大阪・千里のホームページ制作屋『太陽の塔が地元』