僕は良く自分の脳内で”そもそも和尚”に出てきてもらい”そもそも問答”をしてもらいます。
 
 
 
 
 
 

 

 

”そもそも、それをしなかったらどうなるのか?”

 

”そもそも、それをしたらどうなるのか?”

 

”そもそも、それはどういうことか?” 

 

”そもそも、自分は何をしたい/なりたいのか?”
 

 
 

 

定義付けをし、取り除き、たどり着く。
 
 
 
 
 
 
 
 例えば、
 
 
 
 
  • 休日に家族で出かける予定が、出る時間が遅れてしまった。
 
  • 遊びの待ち合わせに相手が遅刻してきた。
 

 

 

そもそも、遅れたことによって何が生じるだろうか?
 

 
→そもそも、その生じた結果はどういう意味があるだろうか?

 
 
→そもそも自分は何がしたかっただろうか?

 
 
 

答えA: 相手を喜ばせたい

 

答えB: 一緒に楽しみたい
 
 
 
 
 

 

では、自分が取る反応はどれを選べばいいだろうか。
 
 

 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

S/Rコヴィーの著書『7つの週間』より抜粋してみます。
 
 

 


 
 
学生 「授業を休ませてくれませんか?テニスの合宿に行かなくちゃならないんです。」
 

 

教授 「行かなければならないのか、それとも行きたいのか。どっちだね?」
 

 

「本当に行かなければならないんです。。。」
 

 

「行かなかったらどうなるんだい?」
 
 
 
「チームから外されます。」
 
 
 
「その結果についてどう思うかい?」
 
 
 
「いやですね。」
 
 
 
「つまりチームから外されないという結果が欲しいから、行くことにしようと思っているんだね?

では、授業に出なかったらどいういう結果になるだろう。」

 
 
 
「分かりません。」

 
 
 
「よく考えてごらん。授業に出なかったら自然の結果としてどうなるだろう?」

 
 
 
「単位を落とされたりしないですよね?」

 
 
 
「それは社会的な結果で他人が作るものだ。

テニスのチームに参加しなければプレーできない。

それは自然の結果だ。

クラスに来なかったら、その自然の結果としてどうなるだろう?」

 
 
 
「学ぶ機会を失うでしょうね。」

 
 
 
「そう!だからその結果と他の結果を比較して選択しなければならない。

私だったらテニスの合宿に行くことを選択するだろうね。

しかし、何事も”ねばならない”とは言わないで欲しい。」

 
 
 
「では、僕は合宿に行く方を”選びます”。」

 

 
 
「何だって!?私の授業を休むって?」

 
 
 
と教授は冗談半分にからかいながら学生に言い返した。
 
 

 

 

 
 

「あなたの許可なくして、誰もあなたを傷つけることはできない  

エリナー・ルーズベルト:アメリカ合衆国第32代大統領フランクリン・ルーズベルトの夫人、人権活動家、婦人活動家、文筆家

 
 
 

「自分で投げ捨てさえしなければ、誰も私たちの自尊心を奪うことはできない」

ガンジー

 
 
 
 


 

遺伝が○○だから 、

 

性格が○○ だから、

 

子ども時代が○○ だから 、

 

会社が○○ だから 、

 

経済が○○ だから 、

 

社会が○○ だから 、
 
 
 
 
 
 
 

 

 

”○○ だから”から切り離し、あなたは主体的に自分の反応を選ぶことができます。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 



 

 
 
 
◆西アフリカの太鼓・ジャンベを叩いて歌うシンガーソングライターKackey@dabigtree公式ホームページ
 
 
 
◆Kackey@dabigtreeの公式Facebookページ
 
 
 
◆家具・インテリア・観葉植物による空間コーディネート
 
 
 
◆小規模ホームページ作ってます!
大阪市内、北摂地域にあるサロン、美容室、歯医者、カフェ、バー、など10名以下の商店、会社、団体様、または個人様向け