「朗読」タグアーカイブ

森山未來君の「見えない/見えることについての考察」を観た

森山未來君、

ようやく初めて観れた。

身体も顔も真っさらなキャンパスみたいな人だった。

その真っさらなキャンパスに絵描きの未來君が自らに絵を描いていくのだ。

〜この公演に関して〜

立体的な作品だった。

いやもちろん実際立体なんだけど。

立体以上の立体。

フラットなステージ、目の前の未來君。

出演者は彼だけ。

オーディエンスは70名ほどか。

彼と唯オーディエンスだけが対峙している。

彼の骨と肉の着地の振動が直に伝わる。

質感。肉感。

音声技術と演出を駆使したいく層にもミルフィーユされたレイヤー。

Before and after CORONAを体験している僕らにとってタイムリーな切り口。

ネタバレなので言わないけど、ドキリとする演出があった。

会場に犯人探しをしていた自分がいた。

ゾクゾクの瞬間瞬間でした。

やはり生の舞台はいい。

生の舞台は嘘がつけない。

ごっつぁんです。


Djembe&vocal
Kackey@dabigtree

Yamandara



[大阪・千里のちいさいホームページ制作屋さん『太陽の塔が地元』]

大阪市内、北摂エリアにあるサロン、美容室、歯医者、カフェ、バー、など10名以下の商店、会社、団体様、または個人様向けのサイトを制作いたします☆


2019/12/28|大阪カフェメイク|Music act集団RadicArt SHOW『しるし -A sign-』

歌舞伎で300年間研磨された”外郎売”を、RadicArtの音楽に乗せて新たに再構築。

日本の伝統芸能”口上”が持つグルーブを体感してください。

【日時】2019年12月28日(土)
13:30開場 14:00START 〜 15:30終演

【出し物】

①〜RadicArt music show〜

作曲家、編曲家が集まるRadicArtによる音楽ライブ!

②〜KAOROSEによるアクターワークショップ『外郎売り』〜

4歳から舞台に立ち、 ヴォイストレーナー、演技指導、演出、映画、舞台役者として活動するKAOROSEによるミニワークショップ!

日本の伝統芸能である歌舞伎に少し触れてみませんか?歌舞伎の十八番であり俳優、声優、ナレーターのトレーニング教材としても有名な外郎売の”口上”を数節マスターしてみよう!

③RadicArt舞台『MOTHER TREE〜UIRO STORY〜』

江戸時代、二代目市川團十郎によって初演された歌舞伎の十八番、外郎売り。
このストーリーを、役者、ピアノ、ベース、西アフリカの太鼓ジャンベでRadicArtが新たなオリジナル世界を構築!

2017年10月9日に大阪バンケットハウスで上演された『MOTHER TREE〜UIRO STORY〜』からショートバージョンをお届け!
リズム、メロディーに乗せて歌舞伎で発展した口上という言葉の羅列を五感で体感してください。

【入場料】40名様限定ライブ

・前売り 3,000円 RadicArtの舞台『外郎売り』の劇中歌『しるし -A sign- 』CD付き(1ドリンク途オーダー)

・当日 3,500円 CD付き(1ドリンク別途オーダー)

【見世物小屋(会場)】
studio & cafe Make
大阪市浪速区芦原1-2-6
06-6562-3294
http://www5f.biglobe.ne.jp/~make/

Music act group RadicArt/ラディカート
Music act group RadicArt/ラディカート

☆★☆★☆★☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★☆★☆★☆★

☆★☆★☆★☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【Music act group「RadicArt」】

・役者・シンガー:KAOROSE
・作曲家・ピアニスト:前田恵実
・ベーシスト・アレンジャー:清水亮
・ジャンベシンガー:Kackey@dabigtree

Facebook: https://www.facebook.com/music.act.radicart/

Website: https://radicart4.wixsite.com/mysite

KAOROSE


KAOROSE

4歳、初舞台。13歳から、数々の演劇コンクールに参加し出演した舞台で数々の賞を取る。
15歳、プロとして東京、大阪で、舞台、ドラマ、ライブ、テレビ、映画、CM、モデル、ラジオ活動を開始。
22歳、プロの役者として劇団に入り、年間150ステージ以上に出演。
25歳、仲間と音楽レーベルを設立。初プロデュースのアルバムが2万枚となる。同年、本格的にシンガーとしてライブ、フェス、フューチャリングCDなどに参加し、音楽活動を開始。1000枚限定シングルリリース。
28歳、ライブ活動をしながら、再びプロの役者として東京、大阪の劇団に所属。デンマーク、スウェーデンで行われた世界の演劇祭にスタッフ参加し、世界中の演劇に触れる。
30歳、ヴォイストレーナー、演技指導、演出、舞台役者として東京、大阪で活動。鹿児島、長野、東北ツアーなどに参加。
32歳、海外ボランティアでセブ島のストリートチルドレン達と音楽ショーに参加。
33歳、ニューヨークにて、本場ハーレムゴスペルレッスンを体感。また、ブロードウェイにあるライブバーで歌う。

Kackey@dabigtree

Kakey@dabigtree

シンガー/ジャンベ奏者/作曲家/作詞家

大阪千里出身。吹田在住。
西アフリカの太鼓、ジャンベを叩きながら歌う稀有なスタイルのシンガーソングライター。
アフリカン、ゴスペル、レゲェ、沖縄、ロックなどから影響を受け大地の匂いがする有機的な音楽を表現する。
1997年、ハードロック/ヘヴィメタルバンドにボーカルとして加入し、同時にPCでの音楽製作を開始。
2003年、楽器屋でジャンベと目が合い叩いた瞬間にビジョンが観え、今のジャンベシンガーのスタイルに。
ジャンベ演奏は伝統的なアフリカンミュージックではなく、能・狂言がもつ”間”や、日本特有の祭りで用いられるグルーヴを軸にした演奏を得意とする。
大阪・神戸を拠点に日本全国で演奏、また海外ではオーストラリア、韓国、台湾へ単身で渡り地元の人々の協力を得てLIVE公演を行った。
身体表現者と共演することも多い。
 
2017年11月よりピアノシンガー海外千代と植物音楽ユニット・大地の種/Music of the Plants “Seeds of Earth”を結成し活動中。
オリジナル楽曲、インプロヴィゼーション(即興音楽)を演奏。
植物の生体電位をシンセサイザーの音に変換するデバイス”Bamboo”を用いてのセッションも行う。
古民家、ライブハウス、東大寺、平城宮跡、伊弉諾神宮、出雲大神宮などで演奏。
Jun Amanto(ダンサー)、針山愛美(ダンサー)、Arun Sivag from India(パーカッショニスト)、Drukmo Gyal Yogini from Tibet(マントラシンガー)、Steve Eto(パーカッショニスト)等と共演。

Web Site -> https://kackey.info/
FB/Twitter/Instagram -> kackeybigtree

清水 亮

清水 亮

14歳からベースを弾き始め2011年から本格的にプロ活動を開始。

低音を愛する重低音グルーヴベーシストとしてジャンルを問わず様々なアーティストのサポート
やバンドに参加。
そして2013年にアコースティックHip-Hopバンド四人トリオを結成し「四重奏」「アコースティック
Hip-Hop」2枚のミニアルバムをリリースし、京セラドームにてバファローズロックフェスティバルに参加や、関西テレビ新感覚音楽情報番組Mujackのコーナー「Road To Mujack」で見事グランドチャンピオンに選ばれ、なんばハッチにてオープニングアクトを務め多数のメディアやライブに出演する。
3年の活動期間を経て四人トリオを解散後もソロベーシストとして精力的に活動し2015年にはMOON GUITERSのエンドースメントアーティストとなり、現在も様々なアーティストやバンドをサポートしながらソロのベーシストとしても活動している。

前田 恵実

前田 恵実

神戸山手女子高等学校音楽科ピアノ専攻を経て、大阪音楽大学作曲学科卒業。
2012年ロームミュージックファンデーションの在外研究生としてパリで活動。
日本音楽コンクール第3位、日本交響楽振興財団作曲賞、武生作曲賞、JFC作曲賞等で入選入賞。

笑いの要素を散りばめたネタものからシリアスなものまで、様々なジャンルのイベント用音楽を手がけている。
近年では、アーティストのコンサート用作・編曲、地黄城築城400年記念物語「妹が岡」作曲担当、藤白台まちびらき50年記念「ふじしろ音頭」 作曲担当、あべのハルカス近鉄百貨店パウダールームBGMアレンジ担当、などがある。

この投稿をInstagramで見る

【RadicArt第一回舞台「MOTHER TREE〜UIRO STORY〜」終了】 * * まだ今日のことが整理しきれてませんが、 何かのご縁で今日集まってくれた皆ありがとう。 * * KAOROSEの持っていたビジョンから、今年の春というタイミングにこのメンバーが招集。 * * “万病速攻ある事神の如し” * * 舞台を作っていく中で、このストーリーにおいての外郎(ういろう)とは何だろう?外郎売りとはの何だろうと考え、少しずつ少しずつ下りてきました。 * * この舞台を観た人が、何か一つのフレーズ、一つのシーンからインスピレーションを受け取ってもらえたら幸いです。 * * Kackey@dabigtree * * * ========== * * ジャンベ・シンガー/Kackey@dabigtree ベーシスト・アレンジャー/清水 亮 作曲家・ピアニスト/前田 恵実 役者・シンガー/KAOROSE * * ダンサー/駒谷 理恵 映像/NATSUMI 音響/ijiryn 照明/中谷昌代 * * #RadicArt #ラディカート #外郎売り #舞台

RadicArt(@radicart_japan)がシェアした投稿 –


Djembe&vocal
Kackey@dabigtree

Yamandara



[大阪・千里のちいさいホームページ制作屋さん『太陽の塔が地元』]

大阪市内、北摂エリアにあるサロン、美容室、歯医者、カフェ、バー、など10名以下の商店、会社、団体様、または個人様向けのサイトを制作いたします☆


植物音楽を海外で作曲したよ🌏

2019年1月から1年間、ラヂオきしわだのおはきし水曜日という番組で放送されている植物音楽のストーリー「森と奏でる」。

脚本は猫の祭典・ネコカンテなどを企画している大地の種チームのデザイナー・ 小野なおみ氏。

ナレーションはラジオパーソナリティーの加藤くみ子氏。

植物音楽ユニット・大地の種のピアニストシンガー海賀千代とジャンベシンガーの僕がモデルになっているキャラクターが植物音楽たちと出会う旅のお話。

この番組の特色は各回のストーリーに出てくる植物と、大地の種が作った植物音楽とのコラボ楽曲が流れる。
(何を言ってるか分からない人は2,3年後に分かるので待ってて)

植物の生体電位から変換されたシンセサイザーの音と共にキーワードやお題を渡されて作曲する。

今回は僕がラスベガスに滞在中に納品する必要があったので(行ってから発覚✈️💨)、植物音楽のシンセ音源を向こうで受け取り、向こうで作った。

ストーリーがあるので歌詞も入れやすい。

大地の種2人に同行する為、熊の子どもが母熊の元から旅立つシーン。(何を言ってるか分からない人は放送を聴こう。”森と奏でる”、”ラジオ”で検索)

それを見送る母熊🐻

脚本を渡された時、先ずこの小熊が旅から帰ってきたシーンが浮かび、僕が好きなOzzy Osbourneの[Mama, I’m coming home]という名曲が頭の中で流れた。

そこからイメージが膨らみ[Mama, I’m gone]という曲が生まれた。

植物、そして生命の存在を聴覚で感じられる絵本のようなお話なので良かったら聞いてみてね。

これからも色んな国に行くことになる。

チームメンバーが地球上のいろんな場所に点在し、その土地その土地でインスピレーションを受け、リアルタイムに曲をアウトプットすることになるので良いプロトケースになった。

いつでも曲を作れるようGarageBandが使えるiPadを購入し、今回の旅に持って行っていたので急な事態にも対応できた。

未知なものに少しずつ挑んでいこう。

イメージしながら。

この回は、「ラジオドラマ森と奏でる #9南の島へ」に収録されます。

YouTubeでも公開されるのでまたこのブログでお知らせします☆


Djembe&vocal
Kackey@dabigtree


Yamandara



[大阪・千里のちいさいホームページ制作屋さん『太陽の塔が地元』]

大阪市内、北摂エリアにあるサロン、美容室、歯医者、カフェ、バー、など10名以下の商店、会社、団体様、または個人様向けのサイトを制作いたします☆


想像力を育むラジオドラマ ”森と奏でる” 3|1000年生きているオリーブ|音楽担当:大地の種

2019年3月、fmきしわだで放送されましたラジオドラマ「森と奏でる」植物の王様をさがす旅に出た音楽家の物語(#3,1000年生きているオリーブ)を収録編集したものです。

本物の1000年オリーブから採集した命の歌をお楽しみください。

そして、なんと、このラジオで作った曲、、、

レコーディングしましたー!!

詳細、また近いうちに報告しますよ〜!

______________________

あらすじ 森で暮らす音楽家の2人は、自然と一緒に音楽を作って暮らしていました。ある日、動けないけれど音楽が大好きな植物・コウモリランと話せるようになりました。

優しい音楽家は動けないなら自分たちが行って植物たちに聴いてもらう、大きな音楽会を開こうと決めました。そして植物のために一番ふさわしい音楽会の場所を王様に教えてもらう旅に出ました。

第2話のウンベラータに続き、第3話に登場したのは1000年オリーブです。

_______________________

収録された音楽は本物の1000年オリーブの歌。

1000年オリーブはスペインからはるばる日本へやってきて、たまにイベントに参加しながら今も豊中のローズガーデン造園で手入れをされながら、元気に余生を送っています。

大地の種も2017年12月にうめきたガーデンで1000年オリーブと初セッションしました。そのご縁で今回の音源を採らせていただきました。

1月から12月にかけて12話完結でfmきしわだのラジオドラマで放送予定。ラジオドラマの中で流れている植物の歌は、植物の音楽デバイス・Bambooを使用した本物のオリーブ(生体電位)の命の音が使われています。

毎月新しい植物の命の音をラジオドラマで放送ご紹介していきます。

音楽家の2人は植物音楽ユニット・大地の種が担当。

ラジオドラマ音楽はオリジナル曲  “wineywiney””夕暮れドキドキおやすみなさい”feat,plants olive “大地のうた” feat,plnts olive

_______________________

■「森と奏でる」 ー植物の王様をさがす旅に出た音楽家の物語ー 

作 小野なおみ

朗読 加藤くみこ

音楽家 大地の種(海賀千代・Kackey@dabigtree)

植物 1000年オリーブ 植物の音楽デバイス・Bamboo

___________

■植物の音楽デバイスBambooについての関連動画 https://youtu.be/47cFF51Bwmkhttps://youtu.be/MxdahR46kYA

_____________

■植物の音楽デバイスBamboo お問い合わせ Bamboo正規代理店 大地の種オフィス 所在地・西宮市高松町15-1-403

https://daichinotane.wixsite.com/earth

daichinotane@gmail.com

お問い合わせいただきましたら資料をメールにて送らせていただきます。 Bambooは全国配送いたします。


Djembe&vocal
Kackey@dabigtree

Yamandara



[大阪・千里のちいさいホームページ制作屋さん『太陽の塔が地元』]

大阪市内、北摂エリアにあるサロン、美容室、歯医者、カフェ、バー、など10名以下の商店、会社、団体様、または個人様向けのサイトを制作いたします☆


想像力を育むラジオドラマ ”森と奏でる” 2|優しいウンベラータ|音楽担当:大地の種

植物の王様をさがす旅にでた音楽家の物語。
fmきしわだで1月から放送がスタートしたラジオドラマ”森と奏でる”をイメージ映像をつけて収録しました。

毎月1回、fmきしわだで放送されますラジオドラマ”森と奏でる”は季節とともに音楽家が植物と出会い旅をしていきます〜12月で完結予定。

声の出演、朗読 加藤くみこ、音楽は大地の種が担当しています。

音だけを聴き想像力を働かせる。お子様と一緒に聴くのもおすすめのラジオドラマ。

2019年1月、fmきしわだで放送されましたラジオドラマ「森と奏でる」植物の王様をさがす旅に出た音楽家の物語(#2 優しいウンベラータ)を収録編集したものです。ラジオドラマの中で流れている、本物のウンベラータの命の歌をお楽しみください。


あらすじ


森で暮らす音楽家の2人は、自然と一緒に音楽を作って暮らしていました。ある日、動けないけれど音楽が大好きな植物・コウモリランと話せるようになりました。優しい音楽家は動けないなら自分たちが行って植物たちに聴いてもらう、大きな音楽会を開こうと決めました。

そして植物のために一番ふさわしい音楽会の場所を王様に教えてもらう旅に出ました。第2話では海を見下ろす灯台で出会った植物ウンベラータに、音楽家は植物の面白いことを教えてもらいます。


1月から12月にかけて12話完結でfmきしわだのラジオドラマで放送予定。

ラジオドラマの中で流れている植物の歌は、植物の音楽デバイス・Bambooを使用した本物のウンベラータ(生体電位)の命の音が使われています。

毎月新しい植物の命の音をラジオドラマで放送ご紹介していきます。

音楽家の2人は植物音楽ユニット・大地の種が担当。

ラジオドラマ音楽はオリジナル曲 ”wineywiney” “keep on walking”(feat. plants umberata)”大地のうた”

■「森と奏でる」
ー植物の王様をさがす旅に出た音楽家の物語ー 
作 小野なおみ
朗読 加藤くみこ
音楽家 大地の種(海賀千代・Kackey@dabigtree)
植物 ウンベラータ
植物の音楽デバイス・Bamboo



Djembe&vocal
Kackey@dabigtree

Yamandara



[大阪・千里のちいさいホームページ制作屋さん『太陽の塔が地元』]

大阪市内、北摂エリアにあるサロン、美容室、歯医者、カフェ、バー、など10名以下の商店、会社、団体様、または個人様向けのサイトを制作いたします☆


想像力を育むラジオドラマ ”森と奏でる” |1うたうコウモリラン|音楽担当:大地の種

9分間のイメージの旅に出よう(╹◡╹)

ラジオドラマ”森と奏でる”は植物が主役。

植物の王様をさがす旅にでた音楽家の物語。
fmきしわだで1月から放送がスタートしたラジオドラマ”森と奏でる”をイメージ映像をつけて収録しました。

毎月1回、fmきしわだで放送されますラジオドラマ”森と奏でる”は季節とともに音楽家が植物と出会い旅をしていきます〜12月で完結予定。

声の出演、朗読 加藤くみこ、第一回は海賀千代が特別生出演。大地の種が音楽を担当しています。

音だけを聴き想像力を働かせる。お子様と一緒に聴くのもおすすめのラジオドラマです。

1・うたうコウモリラン

今後も生放送のオンエア後にラジオドラマをこのブログで発表する予定です!


2019年1月、fmきしわだで放送されましたラジオドラマ「森と奏でる」植物の王様をさがす旅に出た音楽家の物語(#1うたうコウモリラン)を収録したものです。

あらすじ 森で暮らす音楽家の2人は、自然と一緒に音楽を作って暮らしていました。

ある日、動けないけれど音楽が大好きな植物・コウモリランと話せるようになりました。

優しい音楽家は動けないなら自分たちが行って植物たちに聴いてもらう、大きな音楽会を開こうと決めました。

そして植物のために一番ふさわしい音楽会の場所を王様に教えてもらう旅に出ました。

1月から12月にかけて12話完結でfmきしわだのラジオドラマで放送予定。

ラジオドラマの中で流れている植物の歌は、植物の音楽デバイス・Bambooを使用した本物のコウモリラン(生体電位)の命の音が使われています。毎月新しい植物の命の音をラジオドラマで放送ご紹介していきます。

音楽家の2人は植物音楽ユニット・大地の種が担当。

ラジオドラマ音楽はオリジナル曲 ”はじめまして” “里山の空”

■「森と奏でる」 ー植物の王様をさがす旅に出た音楽家の物語ー  作 小野なおみ 朗読 加藤くみこ 音楽家 大地の種(海賀千代・Kackey@dabigtree) 植物 コウモリラン 植物の音楽デバイス・Bamboo

■植物の音楽デバイスBambooについての関連動画

■植物の音楽デバイスBamboo

お問い合わせ

Bamboo正規代理店 大地の種オフィス 所在地・西宮市高松町15-1-403

daichinotane@gmail.com お問い合わせいただきましたら資料をメールにて送らせていただきます。

Bambooは全国配送いたします。


Djembe&vocal
Kackey@dabigtree

Yamandara



[大阪・千里のちいさいホームページ制作屋さん『太陽の塔が地元』]

大阪市内、北摂エリアにあるサロン、美容室、歯医者、カフェ、バー、など10名以下の商店、会社、団体様、または個人様向けのサイトを制作いたします☆